アート作品を鮮やかにデコレートする、額装の魔法。

 福岡市南区の住宅街で、額の製作・販売、作品展示を行なう「DECO」。店主の渡辺加奈子さんは、オーダーメイドで額縁の製作を行なっている。「学生の頃に福岡のとある画廊に巡り会って、なんて素敵な空間だろうと感動して。“私もアートに関わる仕事ができないかな”と考えた時、思い至ったのが額縁だったんです」。作品の魅力を最大限に引き出す額縁。渡辺さんは額装の会社にて額作りを学んだのち、独立。店舗を構え製作を始めた。お店には絵画や写真、お皿やアクセサリーなどさまざまな額装の依頼がある。また、アートに造詣の深い渡辺さんを慕い、訪ねて来るアーティストも多いという。「植物やドールハウスを額装してほしいという依頼もありました。ただ単に額を作るだけではなく、作品をよりよく見せる提案や、相談にも応じますよ」。額縁のコーディネートを通じて、こつこつと活動するアーティストも応援していきたいと語る渡辺さん。現在は画廊の手伝いもしている。「文化的なものをもっと身近に、皆さんの心に届けたいですね。いずれは絵画だけではなく、落語や音楽、演劇や踊りなども観られるような場所を作りたいです」。そんな渡辺さんの想いは、私たちの日常までも鮮やかにデコレートしていくだろう。


額はもともと1本の棒から作られる。材料は木材やスチール、鉄など。額の一辺を作るため、材料を断裁していく。
DECOにて企画展を開催することも。写真は諸江和美・野中富貴子の二人展の様子。
お店の壁を彩る大小さまざまなアート作品。小さな作品でも額装することで雰囲気ががらっと変わり、作品がいきいきしてくるのだという。
作品の魅力を最大限に生かす額縁。シンプルなものからデコラティブなものまで揃っている。

Profile

渡辺加奈子(わたなべかなこ)
額装の会社にて技術を学んだ後、2003年に独立。DECOの運営を始める。額の制作や販売、作品の展示を行い、絵画や写真、布、立体物などさまざまな額装のオーダーを受け付けている。
住/福岡市南区桧原2-54-9
問/092-541-6298 http://www.deco2003.com/

写真=松本恭尚 文=安武洋平