カメラのゴゴー商会=後郷壽雄さん

フィルムを巻き上げ、シャッターを切る。そのリズムに魅せられて。

1945年創業の老舗カメラ店の2代目店主・後郷壽雄(ひさお)さんは、フィルムカメラが持つ魅力をこう語る。「フィルムを巻き上げて、絞りをまわし、シャッタースピードを調整する。そのリズムは、何でも自動のデジタルにはない楽しみ。それに撮れる枚数が限られることで“撮る”という行為がとても大切に感じられるでしょう」。デジタル全盛期の時代に、フィルムカメラを中心に扱うのは、自身がそれをこよなく愛しているから。博多・熊本・広島・東京などでカメラ市を行い、量販店ではあまり見かけなくなったフィルムカメラの普及につとめる。「持つと感じるズシッとした重量感、カシャっと音をたてるシャッター音、どんな写真が撮れているか想像する現像までの時間。撮ることの面白さは色んなプロセスの中にあるんです。それに自分にぴったり合うボディを選ぶショッピングの時間だって、かけがえのないものでしょう」。はじめて買ったカメラがデジタルカメラという若い世代も、写真の面白さに惹かれゴゴー商会を訪れる。何でも撮れるデジカメではなく、撮ることが特別に思えるフィルムカメラ。総台1,000以上の名機が並ぶ店内で、“写る”ではなく“写す”ための一生モノの出会いを後郷さんは与えてくれる。


カメラのゴゴー商会=後郷壽雄さん
冷泉公園そばにある店舗は大きな看板が目印。最近は若い女の子のお客さんが増えてきているそう。
カメラのゴゴー商会=後郷壽雄さん
二眼レフのローライフレックスなど、コンディションのいいクラシックカメラが販売されている。
カメラのゴゴー商会=後郷壽雄さん
2階には先代から集めてこられたクラシックカメラのコレクションがずらり。必見の価値あり!展示場ではないが、後郷さんに言えば見せていただける。
カメラのゴゴー商会=後郷壽雄さん
コンパクトカメラから一眼カメラまで幅広いフイルムカメラに出会える。

Profile

後郷壽雄(ごごうひさお)
デジタルカメラ全盛期の中、フィルムカメラを中心に取り扱うカメラ店「カメラのゴゴー商会」2代目オーナー。博多・熊本・広島・東京などでカメラ市も行っている。蝶ネクタイがトレードマーク。
住/福岡県博多区上川端町14-5 問/092-281-0055 http://www.gogo-camera.com

TEXT=生野朋子 PHOTO=石川博己