GALLERY ADO(アドゥ)主宰=黒田恵子さん

街創り+アートで生まれた“アートの町”。

かつて繊維問屋街として賑わっていた熊本の河原町。ひっそりと佇んでいた町に転機が訪れたのは8年前。問屋街にクリエイターを招き、アートの町にしようという計画が動き始めたのだ。「私が河原町に来たのはその1年後。舞台のセットのような古い街並と、レトロな空気感。そこにアートが関わるということが、私の目に新しく写ったんです」。問屋街で「GALLERY ADO」を営む黒田さんはそう語る。現在は個性的な店やクリエイターのアトリエが並ぶ問屋街。その中で、GALLERY ADOは月1回開催されるアートイベントの中心地となっている。「町の組合メンバーがこのイベントを運営していて、毎月約30名前後のクリエイターが、店の前の通りで作品やパフォーマンスを披露します」。このイベントには熊本の他に九州各県から、作品を展示したいと思う人たちが自発的に集まってくる。「最初、ギャラリーと一杯のコーヒーが飲める喫茶店という箱を作れば、町作りのお手伝いができるかなと思ったんです」。その想いは形になり、クリエイターが集まる場所と、参加型のイベントが生まれた。かつての賑やかさを取り戻した河原町。何年も前に思い描いた“アートの町”が、そこには確かに存在していた。


GALLERY ADO(アドゥ)主宰=黒田恵子さん
問屋街の一角にある「GALLERY ADO」。九州各県のアート情報やクリエイターが集まる。
GALLERY ADO(アドゥ)主宰=黒田恵子さん
1階がカフェ、2階がギャラリー。貸ギャラリーとしての使用以外は、企画展にてサポートするアーティストの作品を展示している。
河原町アートの日
毎月開催されるアートイベント「河原町アートの日」の集大成として、年に1度「河原町アワード」を開催。アワード(審査方式)ということで、地元の企業や店から賞が提供される。
河原町アートの日
河原町アートの日
河原町アートの日
イベントには市外からもたくさんの人が訪れる。

Profile

GALLERY ADO(アドゥ)主宰=黒田恵子さん

黒田恵子(くろだけいこ)
「GALLERY ADO」主宰。毎月第2日曜に開催される「河原町アートの日」は随時参加者募集中。
住/熊本市河原町2河原町問屋街 問/096-352-1930
http://galleryado.com/ イベント情報/http://www.kawaramachi.net/

写真=石川博己・井上あづみ(河原町アートイベンの様子) 文=原口昌子