kurume kasuri textile ②

久留米絣/HIHAKU オリジナルテキスタイル。  「飛白」それは久留米絣の創始者、井上伝が初めて作った絣柄だと言われています。その読み方は「ひはく」そして「かすり」。久留米絣の原点であるその名をとり、エフ・ディプロダク […]

Read more

楽描家=oshowさん

平面から立体へ。さまざまな人の手を通して、絵が日常にとけ込んでいく。  町を行き交う人々、水族館で見た魚。日常で見たものがoshowさんのフィルターを通過し、平面に描きだされていく。気ままで、どこか可笑しみのある妙な生き […]

Read more

銹工芸=山下祐司さん

“japan”という名の器。自然のもたらす深い色艶としっとりとした手触り。  お正月や結婚式、ハレの日の食卓に並ぶ漆器。八女市国武で蒔絵を制作する「銹工芸」では、その技術を生かし漆器の制作も行なっている。工房には朱と黒だ […]

Read more

kurume kasuri textile ①

ワークウエア+ファッション 久留米絣/HIHAKU誕生。  「飛白」それは久留米絣の創始者、井上伝が初めて作った絣柄だと言われています。その読み方は「ひはく」そして「かすり」。久留米絣の原点であるその名をとり、エフ・ディ […]

Read more

陶芸家=馬場勝文さん

黒と白、その簡素な美しさの中にある“わびさび”。  「装飾が主役になるものは作りたくないんです」。きっぱりとした口調とまっすぐな瞳。陶芸家・馬場勝文さんの僧侶にも似た雰囲気は作品にも通ずる。「これ以上ベストな形はない」と […]

Read more

木工作家=関内潔さん

まっさらな自分と生活に似合う、大きな銀杏のまな板。  「木という素材そのものを感じられるようなものづくりを心掛けています。自然にあったものを家の中に持ち込む実感と、その来歴を感じてほしいですね」。木工作家・関内潔さんは、 […]

Read more

Posts navigation