銹工芸=山下祐司さん

“japan”という名の器。自然のもたらす深い色艶としっとりとした手触り。  お正月や結婚式、ハレの日の食卓に並ぶ漆器。八女市国武で蒔絵を制作する「銹工芸」では、その技術を生かし漆器の制作も行なっている。工房には朱と黒だ […]

Read more

木工作家=関内潔さん

まっさらな自分と生活に似合う、大きな銀杏のまな板。  「木という素材そのものを感じられるようなものづくりを心掛けています。自然にあったものを家の中に持ち込む実感と、その来歴を感じてほしいですね」。木工作家・関内潔さんは、 […]

Read more